お金を借りるときに審査に通らないのはなぜか?

 

消費者金融のキャッシングやカードローンは、当然審査に通らなければ利用出来ませんが、銀行のローンの審査ほど厳しくはないと言われているにも関わらず、中々審査に通らない人もいます。よく言われるのは他社からの借入履歴の関係ですが、細かく見ていきますと、理由はそれ以外にもあるのです。そこでここでは、審査に通りにくい理由として考えられる限りの理由について、順番にお話していきたいと思います。

 

まず最初に考えられるのは、今お話ししたように他社からの借入履歴の問題です。例え1社だけからの借入でも、遅延や未納、更には金融事故を起こした経歴があると、審査には通りづらくなるでしょう。多重債務に陥って債務整理を行ったことがあるとなると、例え10年以上前に完済していて、法律上は借りられることになっているとしても、圧倒的に不利であるには違いありません。これが審査に通りにくい場合に考えられる、1番大きな理由です。

 

次に考えられるのは、多重債務に陥るのではと懸念される場合です。具体的に言いますと複数の借入履歴があり、年収の3分の1を越えない額、つまり総量規制の対象にならない額で収まっていればいいのですが、業者数に関わらず、新たに借り入れると年収の3分の1を越えてしまう可能性がある場合も、審査には通らないでしょう。また3社4社と取引がある場合は、当然借入金額も多額になっていて、規制ギリギリになっている可能性が高いので不利です。ですから、多重債務や金融事故にならない内に綺麗に精算してから、申し込むとよいと思います。

 

多重債務になったことがあるケースでは、例え審査に通ったとしても借入限度額を下げさせられるか、何らかの条件をつけられることを覚悟しておいた方がいいでしょう。収入が不安定で業者をハシゴしていて、借金を借金で返しているのではないか、自分たちもそういうことに利用されてしまうのではないかという、懸念を抱かせてしまうからです。同じ消費者金融でも銀行系の業者は、そうでない業者よりシビアに見る傾向がありますから、この点は承知しておく必要があります。

 

次に考えられるのは、自由業や派遣社員・契約社員・専業主婦又は主夫、或いはそういう人の配偶者である等、収入が不安定で、長期間に渡り安定して、確実に返済を続けられるかどうかを保証出来ない場合です。公務員や正社員として長年に渡り勤務している、という方が圧倒的に有利であることは否定出来ません。但し公務員や正社員でなくとも、長年勤務していて収入が安定していれば、それほど不利にはならない可能性もあります。勤め始めたばかりですと、まだ不安定だと見なされてしまいますから、期間が十分経ってから申し込むのが賢明です。

 

では逆に審査に通りやすい人には、どんな特徴があるのでしょうか。まず言えるのは働き盛りの正社員であることです。また20代30代の独身者の方が、子供の多い既婚者より経済的に余裕があるため有利です。持ち家で居住期間が短く、住宅ローンが長く残っていると不利ですが、持ち家か賃貸かに関わらず、同じ住所に長年住んでいると有利だそうです。また電話もケータイやスマホだけよりは、家に固定電話もあるほうが、連絡先が確実なので有利です。それから審査に際に提出する身分証は、運転免許証やパスポートよりも、より収入の証明がしやすい保険証、具体的には会社から発行されている保険証・公務員用の保険証・組合から出ている保険証が有利だそうです。また収入が多いにも関わらず融資を申し込むのは、通常の融資ではあらぬ勘繰りをされる場合もあるので、あまり多すぎない方が有利だとのことです。